お知らせ:「ビズリーチ・サクシード」は「M&Aサクシード」にサービス名を変更しました

M&Aのサポート内容や依頼先の専門家を選ぶコツ【徹底解説】

M&Aには専門的な知識が求められるため、専門家によるサポートが不可欠です。具体的なサポート内容には、マッチングや契約の立ち会いなどがあります。M&Aのサポート内容や仲介会社を選ぶ際のコツをくわしく解説します。

M&A専門家・仲介会社が行うサポートの種類

サポートの内容

事前相談・契約後の助言

専門的な知見に基づいた実戦的な提案を行う

マッチング(相手探し)

ロングリストやショートリストを活用して、M&Aの相手候補を選定する

交渉や契約の立ち合い

トップ面談の段取りや、契約の全体像等に関する分かりやすい説明などを行う

契約書や各種資料の作成

弁護士が基本合意書や最終契約書等の書類を作成する。仲介会社は、条項の具体的内容について助言を行う。

デューデリジェンス 

デューデリジェンスで必要となる書類やデータの整備に関してサポートする

PMIのサポート

売上シナジー等の各種シナジーを発揮するための支援を行う

目次
  1. M&Aのサポートに関する概要
  2. M&Aのサポートを依頼する専門家・仲介会社を選ぶコツ
  3. M&A専門家・仲介会社によるサポートの内容
  4. M&AサクシードがサポートしたM&A案件の成功事例
  5. まとめ

M&Aのサポートに関する概要

M&Aのサポートとは

中小企業庁によると、日本全体において平均の引退年齢である70歳を超える中小企業の経営者は2025年までに約245万人です。
そしてそのうち、約127万人が後継者未定であると見込まれています。[1]
このような状況の中で、M&Aは中小企業にとって重要な事業承継手法の1つであるとの認識が広がり始めています。

また、M&Aは大企業にとっても重要な事柄です。
例えば今後の新しいビジネスを創造するため、オープンイノベーションの手段の一つとして大企業等とスタートアップのM&Aに注目が集まっています。
イノベーションそのものは基本的にスタートアップ(革新的な技術やアイデアで新たなビジネスを展開する非上場の企業)によってなされると期待されています。

近年、オープンイノベーションが推進され、スタートアップと大企業との連携が図られているところです。
しかし、日本の大企業は一般的に自前主義の傾向が強いとの見方がなされていて、多くの大企業は自社の成長戦略の中にオープンイノベーションの活用を組み込めていないと指摘されています。

こういった理由からも大企業のM&Aの重要性が増大しています。

M&Aに対する各方面からの期待が集まる中で、専門家仲介会社によるM&Aのサポートはますます重要なものとなっています。

M&A・事業承継
M&Aとは?目的・手法・メリット・流れを解説【図解でわかる】

M&A(エムアンドエー)とは、Merger(合併)and Acquisitions(買収)の略で、「会社あるいは経営権の取得」を意味します。今回は、M&Aの意味・種類・目的・メリット・基本的な流れ・税金・ […]

M&A・事業承継
M&Aにおける専門家の種類、選ぶポイントを公認会計士が解説

M&Aには専門知識が必要であるため、様々な専門家からのサポートが必要です。専門家には、公認会計士や仲介事業者などの種類があります。M&Aにおける専門家の重要性や種類、選び方をくわしく解説します。(公認会計 […]

M&Aの実務で専門家のサポートが必要である理由

M&Aを実行する上では高度かつ専門的な知識が要求されます。
通常はM&A当事者のスタッフだけによる対応は困難であり、外部の専門家・仲介会社のサポートが必要です。

特に中小企業はM&A未経験であることがほとんどで、M&Aに関する経験・知見が乏しいケースも少なくありません。
その上中小企業のM&Aにおいては、その対象となる事業が中小企業の経営者個人の信用・人柄などその経営者ならではの要素により大きな影響を受ける傾向にあります。
こういった背景もあり、専門知識を持つ専門家・仲介会社のサポートが強く必要とされています。

M&A・事業承継
M&A実務の手順・内容を徹底解説【実務担当者や経営者必見】

M&A実務には法務・税務・財務面での高度な知識が必要です。経営者の方も最低限の実務知識は知っておく必要があります。公認会計士が、M&A実務の流れや内容、実務を学ぶ上でおすすめの本を詳しく解説します。(公認 […]

M&A・事業承継
中小企業M&Aの流れ・注意点を分かりやすく解説【成功事例付】

中小企業の友好的なM&Aは近年急増しています。組織の成長や資金調達がスピーディに行えるためです。今回は中小企業M&Aのメリット・目的・手法・ 注意点・税金・成功事例まで分かりやすく解説します。 目次中小企 […]

M&Aのサポートを担う主な専門家

M&Aのサポートは通常、金融機関・商工団体・士業(税理士公認会計士・中小企業診断士・弁護士)・仲介会社等によって行われます。

また個々の手続においては、許認可関係の手続等をサポートする行政書士、登記関係の手続等をサポートする司法書士、労働及び社会保険関係の手続等をサポートする社会保険労務士等、各種の資格の保有者が関わることも少なくありません。

M&A・事業承継
事業承継の相談先おすすめ7選 相談先別のメリットも詳しく解説

事業承継の相談先には、税理士やM&A仲介会社などがあります。相談内容を得意としている専門家を選ぶことが重要です。公認会計士が、各相談先に事業承継を相談するメリットや、相談先を選ぶポイントを解説します。 目次中小企 […]

[1]中小M&ガイドライン(中小企業庁)

M&Aのサポートを依頼する専門家・仲介会社を選ぶコツ

M&A サポート 選ぶコツ

サポートを依頼したい業務を得意としている

専門家・仲介会社は基本的にはどの業界や分野でもある程度対応できることが想定されます。
しかしそれぞれに得意とする業界や得意な分野(法務税務・労務等)があります。
その専門家・仲介会社を利用するメリットを最大化させるためには、M&A当事者が属する業界や特に力を入れたい分野にあったところを選ぶ必要があります。

M&A・事業承継
M&Aの依頼先とは?仲介会社や税理士に相談するメリットを解説

M&Aの依頼先には、仲介会社や税理士、金融機関などがあります。依頼先ごとに、相談するメリットや得意とする業務は異なります。各依頼先の特徴やM&Aの依頼にかかる手数料、おすすめの依頼先などを紹介します。 目 […]

自社が行うM&Aと規模・分野が同じ案件に関する実績を持っている

M&Aを実行していく中で、多くの場合は予期せぬ出来事が連続して起こります。
何の障害もなくスムーズにM&Aが進行していくケースは多くありません。
予期せぬ出来事が発生した時や困難な状況に陥った時こそ、
専門家・仲介会社の真価が問われます。

今回のM&Aと規模・分野が同じ案件に関する実績を持っていることが専門家・仲介会社にとっては大きなアドバンテージとなります。
そしてそうした経験値の差が助言のクオリティの差に繋がっていきます。

手数料の体系が明確に示されている

今までに、M&Aのサポートが進んでいく過程でM&A当事者が想定していなかった手数料が発生し、トラブルになったケースもあります。
手数料の体系が明確に示されていることは、大きなポイントです。

手数料としては、例えば、次のような体系が考えられます。

  • 着手金:サポート契約締結時に主に支払う
  • 月額報酬:一定額を毎月支払うものが報酬の内の大部分
  • 中間金:基本合意締結時等、案件完了前の一定の時点にて主に支払う
  • 成功報酬:クロージング時等、案件完了時に支払う

ただしこれらはあくまで例示に過ぎません。
実際の手数料の金額や体系は
専門家・仲介会社によって異なります。
また成功報酬を算定する際には一定の価額(例えば譲渡額・純資産額等)に一定の方式に則った計算を施すことが通常です。
その場合でも最低手数料が定められているケースが少なくありません。

M&A・事業承継
M&Aの手数料が高い理由とは?相場や安く抑える方法を徹底解説

M&Aの手数料が高い主な理由は、専門家の人件費が高いからです。ただし、工夫次第で手数料を安くできる可能性があります。公認会計士が、手数料が高い理由や相場、安く抑える方法を詳しく解説します。(公認会計士 前田 樹 […]

担当者とのコミュニケーションがとりやすい・相性が良い

いくら大手の仲介会社や専門家の集う法人であったとしても、実際に案件を担当するのは数名の担当者のみです。
知名度だけでなく担当者のこれまでの能力・経験・人間性等を総合的に判断して、専門家・仲介会社を選択したいところです。
サポート側の担当者とM&A当事者側の担当者の深い信頼関係があってこそM&Aが成功する面は否めません。

担当者とのコミュニケーションがとりやすい・相性が良いどうかで専門家・仲介会社を選ぶことも必要です。

幅広いネットワークを有している

1社単独では情報量に限界があります。
ネットワークを活用して多くの情報を持つ専門家・仲介会社の支援を受けることはM&Aにおける選択肢を増やすことに繋がります。

M&A専門家・仲介会社によるサポートの内容

M&A サポートの内容・流れ

M&Aの事前相談・契約後の助言

M&A当事者は専門家・仲介会社からサポート契約締結前に、その契約に関わる重要な事項について説明を受けることが通常です。
説明される重要事項の内、主なものは以下の通りです。

  • 譲渡側・譲り受け側の両当事者と契約を締結し双方に助言する仲介者と、一方当事者のみと契約を締結し一方のみに助言するFAとの違いとそれぞれの特徴
  • 仲介者としてサポートがなされる場合には、譲渡側・譲り受け側の両当事者で利益相反のおそれがあるとして想定される事項
  • 提供されるサポートの範囲と内容
  • 手数料
  • 秘密保持
  • 契約期間

またM&A当事者が十分な知見を有していない場合、自身のみではM&Aの手続についての意思決定が簡単ではありません。
専門家・仲介会社は自らの専門的な知見に基づき、M&A当事者に対して実践的に提案し、意思決定をサポートすることになります。
M&Aにおいて想定される重要なメリット・デメリットの当事者に対する明示的な説明が専門家・仲介会社に期待される役割の一つです。

M&A・事業承継
M&Aのメリット・デメリットを買い手・売り手ごとに徹底解説

M&Aをする最大のメリットは時間を買えることです。買い手は新規事業や既存事業の拡大にかかる時間を買えます。売り手は投資回収・現金化の時間を短くできます。今回はM&Aのメリット・デメリットを解説します。 目 […]

M&Aのマッチング(相手探し)

マッチングにおいて、専門家・仲介会社は譲渡側の希望を取り入れた候補先リスト(ロングリスト)を作成して打診の順番や方法を決めることが通常です。

そしてノンネーム・シート(ティーザー)で打診した後、関心を示した候補先をリスト(ショートリスト)にします。
その後これら候補先との間で秘密保持契約を締結し、企業概要書等の詳細資料を開示するという流れで手続が進むことが通常です。

譲渡側・譲り受け側のマッチングには当初の想定以上に長い期間がかかる場合があります。
月額報酬制を採用しているとケースによっては、必要に応じて月額報酬の適正な金額への減免等がなされます。

M&A・事業承継
M&Aの流れ・進め方 検討~クロージングまで【図解でわかる】

M&Aの全体的な手続きの流れを売り手・買い手両方の視点で見ていきます。事前準備・検討段階~クロージング・最終契約、経営統合後に必要な業務まで全ての流れを解説します。 目次M&Aの全体的な流れ検討・準備フェ […]

M&Aの交渉や契約の立ち会い

専門家・仲介会社には、当事者に対するM&Aの交渉や契約の全体像等の分かりやすい説明等により、寄り添ったサポートが期待されています。
特に譲渡側・譲り受け側の経営者同士の面談(トップ面談)はM&A成約の可否を左右するほど重要です。
円滑に進められるよう、当日の段取りを含めて丁寧なサポートが望まれています。

また最終契約は当事者の権利義務を規定する大きな事柄です。
可能な限りM&Aに関する知見と実務経験を有する弁護士の関与の下での締結が望ましいと考えられます。

M&A・事業承継
M&Aにおける弁護士の役割とは?業務内容や費用相場も徹底解説

M&Aでは、シビアな法的判断が必要となり、弁護士の専門的な知識や交渉力がものを言う局面が多々あります。弁護士がM&Aで果たす役割や業務の内容、弁護士に依頼するメリットや費用相場などを詳しく解説します。(執 […]

契約書や各種資料の作成

基本合意書や最終契約書等の書類は基本的に弁護士が作成します。
また基本合意書や最終契約書に盛り込まれる条項の内容に対しては、案件全体を通じて発覚したリスクなどを踏まえて、M&Aをリードしてきた専門家・仲介会社が助言するのが理想的です。

M&A・事業承継
【ひな型付き】M&Aで使用する契約書をわかりやすく解説

M&Aでは、秘密保持契約書や基本合意契約書、株式譲渡契約書などの契約書を作成します。この記事では、各契約書に記載する内容をご説明します。また、実際のM&Aで使える契約書のひな型も掲載しています。(公認会計 […]

デューデリジェンス

デューデリジェンス(以下DDと記載)は主に譲り受け側により実施されます。
その際譲り受け側は譲渡側に対して、大量の資料を要求するのが一般的です。

中小企業の場合は会計帳簿や各種規程類等が整備されていないケースもあるのが現状です。
専門家・仲介会社はDDで求められることが想定される書類やデータ等の整備についてのサポートを提供するのが通常です。
また必要に応じて、各分野の士業等の意見を求めるべきである旨を伝えることも少なくありません。

可能であれば相手側に過大な負担が生じないよう、DDの調査対象を適切な範囲内としてDDの結果をお互いに開示して情報共有を可能とする対応も、専門家・仲介会社によるサポートの一部として期待されています。

M&A・事業承継
M&Aのデューデリジェンスとは?公認会計士が費用や項目を解説

デューデリジェンスは、買い手、売り手の両社にとってM&Aの成否や譲渡価格を左右する重要なプロセスです。 公認会計士がデューデリジェンスの目的(メリット)や費用、注意点をわかりやすく解説します。 目次M&A […]

PMIのサポート

通常、下記の項目においてPMIのサポートが提供されます。

  • 経営の方向性の確立等
  • 売上シナジー等の各種シナジーの発揮
  • 人事・労務分野(人事・労務関係の法令遵守等)
  • 会計・財務分野(会計・財務関係の処理の適正性等)
  • 法務分野(法令遵守等)
  • ITシステム分野(ITシステムに関するリスクへの対応)

PMIのサポートを行う主な支援機関(専門家)は以下のとおりです。

PMI サポート 専門家

M&A・事業承継
PMI(買収後の経営統合作業)とは?手法や重要性、事例を解説

M&Aにおいて効果を早期に得るためには、M&Aの当事者同士の戦略、販売体制など有機的に機能させるPMIが重要であるといわれています。 PMIの概要、プロセス、成功させるポイント、PMIの成功・失敗事例を解 […]

出典:中小PMIガイドライン(中小企業庁)

M&AサクシードがサポートしたM&A案件の成功事例

【飲料×レンタル業】ダイオーズ ジャパンとグリーンアースのM&A

 譲渡企業の概要

グリーンアース:美容室へのリネンレンタル事業

 譲り受け企業の概要

ダイオーズ ジャパン:飲料サービス・環境衛生サービス等

 M&Aの目的・背景

  • 譲渡企業:大手の傘下に入りたい
  • 譲り受け企業:事業拡大

 M&Aの手法・成約

  • 実行時期:2022年(公表)
  • 手法:事業譲渡
  • 結果:お互いの目的が達成された。社員の雇用も継続され、モチベーションも上がった。前経営者も顧問として3年間関わることとなった。
成功事例
営業黒字の安定経営も先行きへの不安。経営の選択肢としての大手傘下入り

マーケットの開拓、業界再編への対応、資金調達など、中小企業経営者が抱える将来への不安を解消できるのが、M&Aの大きなメリットのひとつです。大手企業に譲渡して傘下に入ることで、潤沢な資本のもとで安定した経営が行える […]

【石油×石油】SAKAEホールディングスと西商店のM&A

 譲渡企業の概要

西商店:石油製品販売事業

 譲り受け企業の概要

SAKAEホールディングス:石油製品販売事業・自動車整備事業・新車・中古車販売事業等

 M&Aの目的・背景

  • 譲渡企業:後継者不在
  • 譲り受け企業:事業成長のため

 M&Aの手法・成約

  • 実行時期:2022年(公開)
  • 手法:株式譲渡
  • 結果:事業が継続できた。新規事業の可能性が広がった。
成功事例
後継者不在で黒字廃業の瀬戸際。地元に愛される100年企業を継承し、シナジー効果を生み出すM&A

M&Aサクシードのマッチングサービスを使い、成約に至った成功事例を紹介します。千葉県香取市の有限会社西商店は創業以来100年にわたり、スーパーマーケットやガソリンスタンドなどを運営してきた地元密着型のローカル企業 […]

[運輸×運輸] フジトランスポートと日向商運のM&A

譲渡企業の概要

日向商運:原乳、タイヤ、肥料、雑貨、医薬品などの中長距離配送

譲り受け企業の概要

フジトランスポート:大型トラックによる長距離輸送

トラック保有台数:グループ総数2,350台(2021年7月)

M&Aの目的・背景

譲渡企業:後継者不在

譲り受け企業:売上・市場シェア拡大

M&Aの手法・成約

  • 実行時期:2021年7月
  • 手法:株式譲渡
  • 結果:M&Aで社内に後継者が不在でも事業承継できた。また日向商運の従業員の雇用及び荷主との取引の継続がなされた。さらにシナジーが発揮され日向商運の宮崎県から首都圏に運送した復路の運賃がこれまでより約10~15%高くなった。他にもコストシナジーが発揮された。
成功事例
運送業界の「2024年問題」を乗り越える 選択肢としての第三者承継

宮崎県で40台トラックを保有し、地域密着で運営を続けてきた有限会社日向商運は、「M&Aサクシード」を通じて、全国に108拠点、トラック2,350台以上保有する物流グループであるフジトランスポート株式会社(旧・富士 […]

まとめ

ここまでM&Aのサポートについて説明しました。
サポートが必要である理由や実際に提供されるサポートの内容について解説しM&Aの実例も挙げたため、しっかりとイメージできた方もいらっしゃることでしょう。
実際にM&Aのサポート契約を結ぶ場合は今回の記事を是非ご参考にしてください。

(執筆者:公認会計士 西田綱一 慶應義塾大学経済学部卒業。公認会計士試験合格後、一般企業で経理関連業務を行い、公認会計士登録を行う。その後、都内大手監査法人に入所し会計監査などに従事。これまでの経験を活かし、現在は独立している。)