お知らせ:「ビズリーチ・サクシード」は「M&Aサクシード」にサービス名を変更しました

M&A案件の探し方とは?中小企業・個人におすすめの方法8選

M&A案件の探し方には、マッチングサイトの活用や仲介会社への依頼などの方法があります。方法ごとにメリット・デメリットは異なります。公認会計士が、M&A案件の探し方や注意点、活用する資料を紹介します。(公認会計士監修記事)

案件の探し方

メリット

デメリット

マッチングサイト

効率的、手数料が安い

サポートを得にくい

仲介会社

アドバイスやサポートを得られる

手数料が高い、利益相反問題がある

金融機関

案件数が多い、資金調達しやすい

小型M&Aの取り扱いが少ない

事業承継・引継ぎ支援センター

公的機関なので安心、相談無料

M&A全体のサポートは得られない

税理士などの士業

各プロセスの進行が効率的

案件紹介を得られない可能性あり

ベンチャーキャピタル

成長性の高い案件が多い

買収額が割高となりやすい

知り合い・取引先

仲介手数料が不要

案件紹介を得られない可能性あり

SNS

直接アプローチが可能

悪質な案件も集まりやすい

 

目次
  1. M&A案件の探し方
  2. M&A案件の探し方に関する注意点・ポイント
  3. M&A案件を探す際に活用する資料
  4. まとめ

M&A案件の探し方

M&Aマッチングサイトの活用

M&AマッチングサイトとはM&Aの買い手と売り手をマッチングさせるインターネットサービスです。
潜在的なM&Aの相手先を効率よく探せることに加え、手数料が安い点が大きなメリットとして挙げられます。
特に売り手の手数料が無料になるM&Aマッチングサイトもあるため、会社売却による手取り額を最大化することができます。

M&A仲介会社と比べて、M&Aのサポートは得にくいですが、別途FAを起用するなど、自分の行動でデメリットをカバーすることができます。
買い手であってもM&A仲介会社の成功報酬よりも安く、数あるM&A案件の中から様々な検索条件で自身が求めているM&A案件を検索することもできます。

M&A・事業承継
M&Aとは?目的・手法・メリット・流れを解説【図解でわかる】

M&A(エムアンドエー)とは、Merger(合併)and Acquisitions(買収)の略で、「会社あるいは経営権の取得」を意味します。今回は、M&Aの意味・種類・目的・メリット・基本的な流れ・税金・ […]

M&A・事業承継
M&Aマッチングサイトのおすすめ18選【2022年最新比較】

M&Aマッチングサイトとは、インターネット上でM&Aの相手企業を探せるサービスです。この記事では、代表的なM&Aマッチングサイトを取り上げ、特徴や料金などをわかりやすく比較・紹介します。(執筆者: […]

M&A仲介会社に依頼

M&A仲介会社に依頼することでM&Aの相手先を探してもらうことができます。
単にマッチングするだけではなく、初期的な検討、基本合意デューデリジェンス契約交渉などM&Aプロセスのそれぞれの場面でプロジェクトマネジメントやアドバイスを受けることができる点が特徴です。

アドバイスを受けながらM&A案件を進められるため安心してM&Aプロセスを進められる点がメリットですが、報酬体系には注意する必要があります。
M&A仲介会社によっては、相談料や手付金、中間報酬など成功報酬以外に手数料が必要なため、注意してM&A仲介会社を選定する必要があります。

また、M&A仲介会社は売り手と買い手の間に立ち双方にアドバイスを提供することから、ビジネスモデルが利益相反であると指摘[1]されることもあります。

M&A・事業承継
【M&A仲介会社21選】仲介とFAの違いや手数料、選定方法を解説

M&Aの仲介とは、M&Aアドバイザーが売り手と買い手の間に立って、中立的な立場でM&Aの成立をサポートすることです。FAの違いや、おすすめ仲介会社、仲介会社を選ぶポイントをくわしく解説します。 目 […]

M&A・事業承継
M&A仲介業者の利益相反問題とは?公認会計士が徹底解説

M&Aにおける利益相反とは、仲介業者が売り手と買い手の両方と契約を締結することで、片方にとって不利益となる取引です。M&A仲介業者における利益相反取引について、デメリットや問題点をくわしく解説します。(公 […]

金融機関に依頼

銀行、証券会社などの金融機関にM&A案件の紹介を依頼することができます。
金融機関は数多くの取引先を抱えているため、潜在的なM&A案件を含めて数多くの案件を抱えています。
金融機関の目を通したM&A案件であるため、買い手としてはある程度信頼して検討を進めることができます。

また、M&A案件の規模が大きい場合など資金調達相談もしやすい点がメリットです。
ただし、金融機関の案件は大型案件であることが多く、小型のM&A案件を扱っているケースは少ない点は留意が必要です。
買い手に資金力があり、大型案件を探している場合には金融機関に相談することは有力な選択肢となります。

M&A・事業承継
M&Aにおける銀行の役割は?融資・アドバイザリーの特徴と手数料

M&Aにおいて銀行は、買収資金の融資や専門的な助言などを提供します。また、売り手側の立場に立って、M&Aの支援や相談対応なども行います。M&Aにおける銀行の役割・立場、手数料をわかりやすく解説しま […]

事業承継・引継ぎ支援センターの活用 

事業承継・引継ぎ支援センターは国が設置する公的相談窓口で中小企業事業承継に関する相談を何でも受けてくれる機関[2]です。
公的な機関であるため安心して相談することができ、手数料も無料で利用することができます。

しかし、M&Aプロセス全体を付きっ切りで支援してもらえるわけではなく、別途FAや士業などの専門家を起用した方が良いケースもあります。
買い手にとっては事業承継案件が多いため、スタートアップなど成長性の高い案件を探す場合には事業承継・引継ぎ支援センターはあまり適していません。

M&A・事業承継
事業承継とは?メリット・流れ・かかる税金をわかりやすく解説

事業承継とは、会社の経営権を後継者に引き継ぐことをいいます。事業承継には親族内承継、社内承継、M&A(外部への承継)の3種類があります。今回は、経営者が事業承継をする理由、手法ごとのメリット・デメリット・流れ・か […]

税理士などの士業に相談

顧問先の多い税理士などの士業にM&A案件がないか相談することも有力な選択肢の一つです。
士業は顧問先を中心として多くの顧客基盤を有しています。
その顧客基盤に会社売却を検討している企業があれば優先的にM&A案件として紹介してもらえる可能性があります。

顧問先の案件を紹介してもらえた場合には、士業が財務データ等の詳細を把握しているため、資料のやり取りや質疑応答、デューデリジェンスのプロセスを効率的に進めることができるといったメリットがあります。
一方、タイミングによっては潜在的なM&A案件も含めて紹介を受けられないこともある点は注意が必要です。

M&A・事業承継
M&Aで税理士が担う役割・報酬相場【税理士が徹底解説】

M&Aにおいて税理士は、デューデリジェンスやバリュエーションなどの役割を担います。今回の記事では、税理士がM&Aにおける税理士の役割や依頼するメリット、報酬相場をくわしく解説します。 目次M&Aに […]

ベンチャーキャピタルの活用

ベンチャーキャピタルは有望なスタートアップに投資し、投資先がIPOやM&Aされることによりエグジットし利益を出しています。
全ての投資先がIPOできるわけではなく、ベンチャーキャピタルが投資資金を回収するためには、M&Aをうまく活用する必要があります。

そのため、買い手企業がベンチャーキャピタルとの関係を構築しておくと、投資先から優先的にM&A案件を紹介してもらえる場合があります。
例えば、ベンチャーキャピタルにLP出資しておき、普段から継続的なコミュニケーションを取っておくと良いでしょう。

ベンチャーキャピタルが出資している案件ですので、将来の成長性が高く見込まれる企業であることも多くあります。
一方、対象会社が高い時価総額で増資している場合には、その時価総額以上の金額でないと実質的にエグジットすることが難しいケースが多く、割高な買収額になりやすい点がデメリットとして挙げられます。

M&A・事業承継
ファンドによるエグジットとは?取引の流れや事例をくわしく解説

ファンドによるエグジットとは、投資した会社の価値を高めて、株式の売却益を得ることです。ファンドによるエグジットの流れや事例を詳しく解説します。また、ファンドに対してエグジットするメリットも紹介します。(公認会計士 前田 […]

知り合いや取引先からの紹介 

知り合いや取引先からM&A案件を紹介してもらえる場合もあります。
ビジネスとして紹介していなければ、紹介後は対象会社と直接交渉することで仲介手数料が必要なくなるというメリットがあります。

ただし、知り合いや取引先はいつもM&A案件を抱えているわけではなく、タイミングが重要となります。

SNSの活用

SNSを活用し対象企業の社長などに直接アプローチすることも可能です。
対象企業が明確でどのような企業を買収すればシナジーが出るか、買い手企業自身で明確に把握している場合には有力な手法です。

また、買い手企業がSNS上でM&A案件を探している旨の投稿を行うことで案件を集めることができます。
ただし、集まってきた案件は悪質なものが含まれていることもあるため、どのような案件であれば検討できるかは明確に見極めていくことが重要です。

M&A・事業承継
M&Aのメリット・デメリットを買い手・売り手ごとに徹底解説

M&Aをする最大のメリットは時間を買えることです。買い手は新規事業や既存事業の拡大にかかる時間を買えます。売り手は投資回収・現金化の時間を短くできます。今回はM&Aのメリット・デメリットを解説します。 目 […]

M&A・事業承継
【M&Aの方法一覧】分類や各手法のメリット、税金を徹底解説

M&Aの方法は、買収、合併、提携の3種類に大別できます。また、各方法は株式譲渡や事業譲渡などの手法に細分化されます。M&Aの代表的な方法について、特徴やメリット・デメリット、税制をくわしく解説します。(公 […]

[1] 中小企業庁 M&A支援機関に対する信頼感醸成
[2] 事業承継・引継ぎ支援センターポータルサイト

M&A案件の探し方に関する注意点・ポイント

売り手企業

自身の案件規模を得意とするM&Aサービスを利用することが重要です。
例えば、売上規模が小さい場合に大手案件を得意とするM&A仲介会社に相談しても、相手にしてもらえない場合もあります。
また、成功報酬も最低手数料が定められているケースも多く、売却金額が小さい場合には割高な成功報酬となってしまうこともあります。

複数のサービスに問い合わせを行い、手数料体系を把握するとともに担当者が信頼できるかどうかも確認しておく必要があります。
M&A仲介の実務に付く場合、必要な資格等はなく担当者によるレベル差があるものです。
信頼して自社の売却を任せられるM&Aサービスを選択するようにしましょう。

M&A・事業承継
会社売却の相談はどこにすべき?相談先一覧と選び方を徹底解説

会社売却の相談先には様々な種類があり、相談内容や相談時期、コストなどを考慮し適切な相談先を選ぶことが重要です。各相談先の特徴とメリット、注意点、選び方のポイントをわかりやすく解説します。(執筆者:京都大学文学部卒の企業法 […]

M&A・事業承継
M&Aによる売却の基礎知識 売却価格の決め方や手続きを徹底解説

M&Aによる会社売却では、売却価格の決め方やM&A手法、手続きの流れなどを把握することが重要です。この記事では、売り手経営者が知っておくべき会社・事業売却の基礎知識を図解でわかりやすく解説します。(公認会 […]

買い手企業

M&Aサービスに相談する前に、買い手のM&A戦略を明確にしておくことが成功のポイントです。
M&A仲介会社に対して、何でも良いのでM&A案件を紹介して欲しいといってもM&A仲介会社は数多くの案件を抱えており、何を紹介して良いのか判断することができません。
結果として、紹介できる案件数が少なくなり、買い手が頭の中に想像していたような案件を紹介してもらえる可能性は低くなってしまいます。

買い手企業についても、売り手企業と同様に探している案件規模を得意とするM&Aサービスを利用することが大切です。
また、手数料についてもサービス毎に大きく異なっているため、投資金額を節約しM&Aの成功確率を高めるためにも、手数料体系には注意するようにしましょう。

M&A・事業承継
M&A戦略とは?策定の流れと成功のポイント【事例付き】

M&Aを成功させるためには売却・買収後を視野に入れた戦略が必要です。M&A戦略の重要性、策定の流れ、売却側・買収側それぞれの戦略の要点と注意点を解説し、成功事例を紹介します。 (執筆者:京都大学文学部卒の […]

M&A・事業承継
M&A実務の手順・内容を徹底解説【実務担当者や経営者必見】

M&A実務には法務・税務・財務面での高度な知識が必要です。経営者の方も最低限の実務知識は知っておく必要があります。公認会計士が、M&A実務の流れや内容、実務を学ぶ上でおすすめの本を詳しく解説します。(公認 […]

M&A案件を探す際に活用する資料

M&A案件 資料

ロングリスト

ロングリストとは企業名、代表者名、本社所在地、主な商材、売上高、利益といった項目がリスト化されたM&Aの相手先候補です。
ロングリストの段階では20~100社程度を目安にリストアップしていきます。
必要な情報は、候補先会社のホームページや信用調査会社の企業検索、未上場企業のデータベースサービスの利用などにより取得します。

M&A・事業承継
M&Aのロングリストとは?意味や記載項目を公認会計士が解説

M&Aにおけるロングリストとは、M&Aを行う候補先をリスト化したものです。一方でショートリストは、より詳細に候補先を絞ったリストです。記載項目や活用方法、作成のポイントをわかりやすく解説します。(公認会計 […]

ショートリスト

ショートリストはロングリストから更に絞られたM&Aの相手先候補リストで、5~10社程度までターゲット企業を絞ります。
ショートリストはロングリストの情報の他、従業員数、株主構成、役員構成、時価総額、事業の強み・弱みなどより詳細な情報を追加していきます。
ショートリストの情報をもとに実際にターゲット企業へのアプローチを開始していきます。

ノンネームシート

ノンネームシートとは買い手企業が初期的な検討ができるような事業の特徴、売却条件、だいたいの業績等が記載された書面です。
ノンネームシートという名前のとおり、対象会社の名前や対象会社を推定できるような情報は記載されていません。
買い手企業はノンネームシートを確認し、次の検討ステップに進める場合には、秘密保持契約書を締結しより詳細な情報を得るという流れになります。

企業概要書(IM)

企業概要書(IM)は買い手企業がM&Aの検討ができるよう詳細な情報のパッケージです。
例えば、対象会社名、対象会社の概要、役員・株主構成、沿革、組織図、事業概要、3~5年の財務データ、将来の事業計画等が開示されます。

M&A・事業承継
【ひな型付き】M&Aで使用する契約書をわかりやすく解説

M&Aでは、秘密保持契約書や基本合意契約書、株式譲渡契約書などの契約書を作成します。この記事では、各契約書に記載する内容をご説明します。また、実際のM&Aで使える契約書のひな型も掲載しています。(公認会計 […]

M&A・事業承継
M&Aの流れ・進め方 検討~クロージングまで【図解でわかる】

M&Aの全体的な手続きの流れを売り手・買い手両方の視点で見ていきます。事前準備・検討段階~クロージング・最終契約、経営統合後に必要な業務まで全ての流れを解説します。 目次M&Aの全体的な流れ検討・準備フェ […]

まとめ

M&A案件の探し方は8種類ありますが、手数料の観点でお勧めできるのはM&Aマッチングサービスです。
M&A仲介会社よりも手数料が安く、数多くのM&A候補先が登録しています。
自身の希望する案件規模に適したM&Aサービスを利用して効率よくM&A案件を探すことが重要です。