お知らせ:「ビズリーチ・サクシード」は「M&Aサクシード」にサービス名を変更しました

M&Aの独占交渉権とは?優先交渉権との違い、法的拘束力を解説

M&Aの独占交渉権とは、売り手に対して自社以外の第三者とM&Aの交渉を行うことを禁止する買い手側の権利です基本合意書に盛り込む独占交渉権の期間や法的拘束力を公認会計士がわかりやすく解説します。(公認会計士監修記事)

M&A 独占交渉権とは

目次
  1. M&Aにおける独占交渉権とは 
  2. 独占交渉権の期間 
  3. 独占交渉権の法的拘束力
  4. 基本合意書における独占交渉権 
  5. 独占交渉権と優先交渉権の違い
  6. まとめ

M&Aにおける独占交渉権とは 

独占交渉権とは、売り手が現在交渉している買い手以外の第三者とM&Aの交渉を行うことを禁止する権利です。

買い手にとってみれば、独占交渉権を獲得している期間中は、集中して一対一で交渉に臨めるため、買い手に有利な権利内容です。

売り手から見ると、独占交渉権を与えている期間で、他の第三者からより魅力的なオファーを受け取ったとしても、交渉を進めることができなくなります。

M&A・事業承継
M&Aとは?目的・手法・メリット・流れを解説【図解でわかる】

M&A(エムアンドエー)とは、Merger(合併)and Acquisitions(買収)の略で、「会社あるいは経営権の取得」を意味します。今回は、M&Aの意味・種類・目的・メリット・基本的な流れ・税金・ […]

独占交渉権の期間 

独占交渉権の期間に法的なルールは存在しません。
日本のM&A実務上、売り手が独占交渉権を与える場合には3か月~6か月程度とされるのが一般的です。
売り手にとって不利な権利であるため、独占交渉権の付与に消極的な姿勢を示す場合が多いためです。

M&A・事業承継
M&A実務の手順・内容を徹底解説【実務担当者や経営者必見】

M&A実務には法務・税務・財務面での高度な知識が必要です。経営者の方も最低限の実務知識は知っておく必要があります。公認会計士が、M&A実務の流れや内容、実務を学ぶ上でおすすめの本を詳しく解説します。(公認 […]

独占交渉権の法的拘束力

独占交渉権は法的拘束力を持たせることが一般的です。[1]
法的拘束力を実質的に担保するため、契約相手方が独占交渉権条項に違反した場合、一定の違約金を支払わせるようにするケースがあります。

M&A・事業承継
M&Aにおける法務の概要 関係する法律や法務手続きを徹底解説

M&Aの法務では、会社法や金融商品取引法など、さまざまな法律の規定を確認する必要があります。今回は、M&Aに関係する法律や、M&Aのプロセスで必要となる法務手続きをくわしく解説します。(公認会計士 […]

[1] 中小M&Aガイドライン(中小企業庁)

基本合意書における独占交渉権 

基本合意書とは

基本合意書とは、最終契約前に、M&Aの基本的な事項において買い手と売り手が合意できた点を書面で確認するものです。
英語では、Lettr Of Intent、Memorandam Of Understandingと呼ばれることから、LOI、MOUと略されることもあります。

基本合意書に盛り込まれる内容は、主に以下の項目が挙げられます。

M&A・事業承継
M&Aの基本合意書(MOU)とは|記載内容や作成タイミングを解説【雛形】

M&Aの基本合意書は、当事者の認識を揃える目的で作成する文書です。一般的には、デューデリジェンスや独占交渉権などの項目に法的拘束力を持たせます。今回は、基本合意書の記載内容をわかりやすく解説します。 目次M&am […]

売り手から見た独占交渉権を基本合意書に盛り込むリスク

独占交渉権を基本合意書に盛り込んだ場合、売り手は平行で第三者と交渉することができなくなるため、下記の2点のリスクがあります。

  1. より高い金額でオファーを貰ったとしても交渉することができない
  2. 現在の買い手と交渉決裂した場合に、他の第三者と最初から交渉しなければならないため、会社売却までにより時間がかかってしまう

独占交渉権は基本合意書において、必ずしも盛り込まなければならないものではありません。
売り手の交渉力やM&Aプロセスを鑑み、盛り込むかどうかを決める必要があります。

買い手から見た独占交渉権を基本合意書に盛り込む重要性

買い手から見て、独占交渉権を盛り込むことは、下記の2点から重要です。

  1. 売り手の本気度を確かめることができる
  2. DD費用を無駄にする可能性を低くすることができる

売り手の本気度が低いまま最終契約交渉を行ったとしても、最終的に心変わりし、他社のオファー内容が良ければ、その買い手に売却してしまう可能性があります。
最終契約交渉の間に実施してきたDD費用も無駄になります。
安心してコストをかけて綿密なDDを実施するためにも、独占交渉権を基本合意書に盛り込むことが重要となります。

M&A・事業承継
M&Aで実施する調査とは?デューデリジェンスの内容も徹底解説

M&Aでは、デューデリジェンスなどの調査を行い、売り手企業が抱えるリスクを入念に調査し、価格算定や契約に反映することが重要です。公認会計士が、M&Aで行う調査の種類や項目、ポイントを解説します。(公認会計 […]

Fiduciary Out条項とは

Fiduciary Out条項とは、売り手が他の第三者から魅力的なオファーを受けた際に、買い手は売り手の請求に応じて買収条件の見直しを誠実協議する条項です。

売り手が独占交渉権を現在の買い手に与えてしまったばかりに、より魅力的なM&Aのオファーを見送ることは、売り手の株主利益を毀損しているのではと言われるリスクがあります。
売り手の取締役が善管注意義務とならないように、当該条項が盛り込まれることがあります。

M&A・事業承継
M&Aのリスク|買い手・売り手のリスクや対処法を解説

M&Aのリスクを事前に認識することで、トラブルや損失を回避しやすくなります。M&Aで注意すべきリスクの種類やリスクマネジメント手法などについて、公認会計士が具体的な事例を交えてわかりやすく解説します。(公 […]

違反金(Break-up fee)に関する条項とは

Break-up feeに関する条項とは、相手方が独占交渉権条項に違反した場合やFiduciary Out条項が適用され取引成立されなかった場合に、一定の違約金を支払う条項です。
違約金の金額はアメリカのM&A事例では1%~5%程度と言われることもありますが、日本のM&Aにおいては、実務上の一般的な水準は定まっておりません。

他方で、独占交渉権の期間が3か月など短い場合には、独占交渉権の期間終了後に再度、第三者と交渉を進めれば良いことから、Fiduciary Out条項やBreak-up fee条項が盛り込まれることは少なくなります。

独占交渉権と優先交渉権の違い

優先交渉権とは?独占交渉権との違い

M&A 優先交渉権とは

優先交渉権とは、複数の買い手候補の中で、少数の買い手が優先的に交渉を行える権利のことです。
独占交渉権は1社のみに与えられるものですが、優先交渉権は1社だけに限らず複数社に与えられることがある点が異なります。

独占交渉権と優先交渉権のどちらを選ぶべきか

独占交渉権は付与された買い手は成約率を高められる点がメリットですが、売り手は他の第三者と交渉することができず、より良い条件を引き出すような交渉ができなくなる点がデメリットです。

優先交渉権は売り手が複数の買い手と交渉することで良い条件を引き出すことができる点がメリットの一方、買い手はDDを進めたにも関わらず自身が買い手として選ばれないデメリットがあります。
そのため、買い手としては独占交渉権、売り手としては優先交渉権を選ぶべきです。

M&A・事業承継
M&Aのメリット・デメリットを買い手・売り手ごとに徹底解説

M&Aをする最大のメリットは時間を買えることです。買い手は新規事業や既存事業の拡大にかかる時間を買えます。売り手は投資回収・現金化の時間を短くできます。今回はM&Aのメリット・デメリットを解説します。 目 […]

まとめ

M&Aにおける独占交渉権とは、1社のみに与えられる売り手と独占的に交渉できる権利であり、買い手にとって有利な権利です。
独占交渉権がない場合には、買い手がM&Aを成約できる確率が低くなってしまいます。
買い手と売り手の交渉パワーバランス、M&Aの基本的な条件等にもよりますが、買い手は基本合意書時に独占交渉権の獲得を目指すことになります。